埼玉県ふじみ野市の小峰整体治療院の来院前セルフチェック


はじめにお読み下さい
  • TOP
  • 私の治療方針
  • 主な治療法
  • 施術料金
  • 治療風景
  • 交通案内
  • お問い合わせ
TOP > 対策情報

対策情報について

○なぜ、腰痛、肩こりが多いのか?

○ 加齢による体力低下とストレスの多い社会。

○ 悪い姿勢と運動不足

○ 食事の偏り

▽TOPへ

1.悪い姿勢とは……
 ディスクワーク、パソコン、立ったままの仕事(同じ姿勢を長くすることによる疲労)

2.運動不足とは……
 ほとんど歩かない、車・電車・バス・エスカレーター・エレベーターなどによる筋力低下

3.食事の偏りとは……
 刺激物・塩分・糖分の取りすぎによるビタミン・たんぱく質・ミネラルの不足

4.腰痛・肩こりを自分で治すには……
 上記のことを改善することが大切です。

5.毎日15分の体操と20分早足で歩くこと。

▽TOPへ

○腰痛対策

腰痛には、急性症状と慢性症状があります。

急性としてはギックリ腰や動けないほど痛い座骨神経痛です。

対策としては、体を休める事です。

必要な事以外は何もしないで寝ている事です。ギックリ腰は冷シップをあてる事が必要です。 慢性としては常に腰が重い、立っていてつらい、前かがみがつらいなどで、いくら休んでも治らない大腸や泌尿器に関連した筋力のおとろえが考えられる。対策としては下肢を持ち上げて休むとよいです。

また、フラダンスをイメージして腰を回す運動が良いでしょう。

▽TOPへ

○肩こり・頭痛・目の疲れ

腰の疲れが肩に移る。とにかくよく身体を動かして汗をかくこと。

血液の流れを良くする事が大切です。

背筋の疲労により脊柱を支えることが困難になった結果ストレスが肩、首に移動して症状がおこります。

対策としては背中を後ろにそらす体操を行い、同じ姿勢を長く続けない事。よく歩く事。

▽TOPへ

○自律神経・更年期障害

慢性化しているので治療には時間がかかります。

生活のリズムを変えて規則正しいリズムに戻す必要があります。

ストレスにより頚椎や後頭部を緊張させた結果、脳神経のはたらきを低下させています。対策としては、気分転換と楽しいイメージをえがく事です。また腹式呼吸も効果があります。

▽TOPへ

電話によるお問い合わせ